0歳から始める予防矯正

乳児期(0〜3歳)

   矯正器具の装着やむし歯の治療は絶対にしない

   むし歯予防 (歯磨き好きに育てる、食育)

「指しゃぶり」や「おしゃぶり」をさせる

   3歳になったら、指しゃぶりやおしゃぶりからキシリトールガムを

       咬ませることに移行する




幼児期(4〜6歳)

   あごの骨が異常になる不正咬合

     (前歯や奥歯の反対咬合)だけは積極的に治療を始める

        (ムーシールド

   指しゃぶりやおしゃぶりをやめる

   不正咬合のない場合には、キシリトールガムを

      どんどん咬ませる

●   舌の根元の筋肉作りのトレーニングをさせる

●   むし歯予防

   歯並びに悪い影響を与える癖の改善

        頬杖     横向き寝      うつぶせ寝    テレビを横向きで見る 

            下唇を咬む    舌を歯に押し付ける    舌を歯と歯の隙間から出す

             口を開けたままにしている    爪を噛む 

 

学童期(7〜12歳)

床装置
床装置

●   矯正検査 診断 唾液検査

●   歯列の発育を歯科医が手助けする床矯正

   永久歯を抜かないで並べるための誘導をしていく

  3D装置を積極的に使用する)

   乳歯を適切な時期に抜歯し、永久歯の萌出を助ける

   舌小帯の未吸収がある場合は切開する

●   トレーニングにより、舌の根元の筋肉作りをつづける

●   むし歯予防

●   歯並びに悪い影響を与える癖の改善

 

中学生(13歳以上)

  永久歯になってからマルチブラケットにて仕上げ矯正